PROLOGUE

エレクトリックギターによるスティーヴ・ライヒ作品集によせて

スティーヴ・ライヒの作品にある高揚感や美しさ、格調高さは何度弾いても新鮮な驚きがあります。
ギター奏者として初めての作品の内容を考えるにあたり、敬愛する作曲家の作品集にしようと決めることはたやすく、まるでずっと前から決まっていたように自然なことでした。
ライヒの作品はこれまで数多くの演奏家により演奏、録音されていますが、エレクトリックギターで制作されたアルバムは珍しく、日本国内ではおそらく初めての試みではないかと思います。
緻密で美しい手法で作られるライヒの作品は、現代音楽やクラシックというジャンルを超え、テクノやエレクトロニカ、ポストロック、ヒップホップなど多くの音楽ジャンルへ影響を与えています。
今作はそういったライヒの作品から影響を受けた音楽から更に影響を受け、現代的な音色や音圧にこだわって制作しました。
僕はミニマルミュージックがとても好きです。
そして、僕はライヒの作品をグルーヴ感溢れるダンスミュージックのように感じています。
レコーディングはピッキングに混じるノイズや微少な音色の変化を極力なくし、スコアに記載されているグルーヴが浮き上がるように細心の注意を払って行いました。
それはとても根気を強いられるものでしたが、ミックスエンジニアantennasiaのNerveさん、マスタリングエンジニアKIMKENさんにお力添えいただき理想としていた作品が出来ました。
本作がライヒの作品を楽しむ新しいひとつの方法になることを願っています。

2014年11月 タケムラヤスシ

The inspiration behind “Steve Reich’s Guitar Works”

No matter how many times I play Steve Reich’s music, its uplifting and refined charm always surprises and refreshes me.
Having held his music in such high regard for so long, it was natural for me to think of his work when I decided to make my first album as a professional guitarist.
Although Reich’s work has been performed and recorded by a great number of artists, it is unusual for it to be played on the electric guitar and I believe this is the first time it has been done in Japan.
Reich’s work, well-known for its intricacy and stylistic beauty, has not only influenced contemporary classical music, but also many other genres such as techno, electronica, post-rock and hip-hop. This album was influenced by the music of those artists as much as that of Reich himself, so I was particularly scrupulous as regards modern tone and sound pressure.
I feel that Reich’s work has a dance music groove, and so when recording, great attention was made to reduce any excess noise made by picking, while special care was also taken not to change the mood of the compositions, so that the original feeling of Reich’s score comes to the surface.
It was a demanding and laborious task which required great patience, but thanks to antennasia’s mix engineer Nerve and mastering engineer KIMKEN, I was able to make an album that matched my ideal. I hope that this release will be one of many new ways to enjoy Steve Reich’s music.

Yasushi Takemura (November 2014)